i-FILTER Ver.10
i-FILTER Ver.9
i-FILTER Reporter
m-FILTER
D-SPA
D-SPA Manager
DigitalArts@Cloud
i-FILTER ブラウザー&クラウド Ver.3/Ver4
FinalCode
m-FILTER MailAdviser
お知らせ
サポート終了製品

URLをクリップボードにコピーしました
FAQ_URL:http://www.pa-solution.net/daj/bs/faq/Detail.aspx?id=80
  FAQ_ID:80
Business > サポート終了製品 > i-FILTER Ver.7 > その他
 
「i-FILTER」Ver.7 は、"HTTP/1.1" に対応していますか

対応バージョン:i-FILTER Ver.6 Ver.7
対応OS:全てのOS

「i-FILTER Ver.7」 では、“HTTP/1.1” に対応していないWebサーバーに対処する為、クライアントリクエストが、“HTTP/1.0”“HTTP/1.1” に関わらず “HTTP/1.0” で上位に送信する仕様となっております。
これは、“HTTP/1.1” が “HTTP/1.0” の上位互換となっており、“HTTP/1.0” で送信しても影響が無い為です。

しかしながら、"HTTP/1.1"にしか対応していないサイト、URLが存在した場合、以下の方法で対応してください。

■「i-FILTER Ver.6.20」以降のバージョンの場合
“HTTP/1.1”で通信させたいサイト、URLに対して、「i-FILTER」の管理画面の
"メニュー >> オプション >> HTTP詳細制御URL設定" で、下記のように設定してください。
“HTTP/1.1”で通信することが可能になります。(※GET、POSTリクエストに関して設定可能です。)

  ・HTTPバージョン
  ---
  「i-FILTER」 -> インターネット間転送
  ⇒「クライアントから受信したヘッダに準拠」を選択 

  クライアント <- 「i-FILTER」間転送
  ⇒「サーバーから受信したヘッダに準拠」を選択
  ---

  ・Keep-Alive接続
  --- 
  「i-FILTER」 -> インターネット間転送「ON」
  クライアント <- 「i-FILTER」間転送「ON」 
  ---


■「i-FILTER Ver.6.20」より「以前」のバージョンの場合
「i-FILTER」の設定ファイルに、下記のようなパラメータ値を設定してください。
クライアントよりリクエストされたHTTPバージョンでWebサーバーへ接続するようになります。
"conf/if_proxy.def" に以下を追加し、「i-FILTER」の再起動を行ってください。

============
・GETリクエストの場合
 --------------------------------------
  s HTTP_CLIENT_VERSION = FORWARD
 -------------------------------------- 

・POSTリクエストの場合
 --------------------------------------
  s HTTP_CLIENT_VERSION_POST = FORWARD
 --------------------------------------

“s”の次は「TAB」になっておりますのでご注意ください。 
============

※全てのリクエストに対して適用されます。サイト、URL別ごとの設定はできません。 
※“Internet Explorer”の設定「プロキシ接続でHTTP1.1を使用する」は、デフォルトでは
 チェックが外れていますのでご注意ください。

関連コンテンツ
「i-FILTER」Ver.7 の管理画面の[オプション/システムパラメーター]...
「i-FILTER」Ver.7 環境でアクセスが多い時間帯にインターネット接続へ...
「i-FILTER」Ver.7 を経由した場合、フィルター対象外にも関わらず閲覧...
「i-FILTER」旧バージョン(Ver.7)の"HTTP詳細制御URL設定"に...
「i-FILTER」Ver.7 のシステムパラメーターの「タイムアウト」は、「K...
 

感動しました
解決しました
参考になりました
もっと詳しく
わかりにくい
問い合わせます