i-FILTER Ver.10
i-FILTER Ver.9
i-FILTER Reporter
m-FILTER
D-SPA
D-SPA Manager
DigitalArts@Cloud
i-FILTER ブラウザー&クラウド Ver.3/Ver4
FinalCode
m-FILTER MailAdviser
お知らせ
サポート終了製品

URLをクリップボードにコピーしました
FAQ_URL:http://www.pa-solution.net/daj/bs/faq/Detail.aspx?id=83
  FAQ_ID:83
Business > サポート終了製品 > i-FILTER Ver.7 > フィルタリング機能
 
「i-FILTER」Ver.7 で「ブロックさせずに、どのカテゴリにクライアントがアクセスしたのか」監視する方法はありますか

対応バージョン:i-FILTER Ver.7
対応OS:全てのOS

「ブラックリストモード」を使用します。
次に「フィルター強度設定」内「URLフィルター設定」で、「全てのカテゴリのブロックアクションをOFF」
のテンプレートを用いて設定をします。

この設定により、全てのWebアクセスがブロックされず、「アクセスログ」にはどのカテゴリにアクセスしたのか記録される動作となります。
上記のアクセスログを「i-FILTER Reporter」「i-FILTER Log Search」 を利用して確認することが可能です。

 

アクセスログを直接確認する場合には、下記FAQページを参照ください。

▽アクセスログのフォーマット
http://www.pa-solution.net/daj/bs/faq/search_direct01Detail.asp?id=1963

▽カテゴリパラメーター一覧
http://www.pa-solution.net/daj/bs/faq/search_direct01Detail.asp?id=1962

■確認方法
アクセスログのカラム「20」に出力されているカテゴリパラメーター番号を確認してください
カテゴリパラメーター番号FAQ.1962 から確認が可能です。




 

関連コンテンツ
「i-FILTER」Ver.7 のブロックログに、WEB閲覧時にブロック画面(禁...
「i-FILTER」Ver.7 カテゴリでブロックされている一部のサイトのみ警告...
「i-FILTER」Ver.7 で使用されているカテゴリパラメーターを教えてくだ...
「i-FILTER」Ver.7 の「POSTフィルター」機能を使い「掲示板」や「...
「i-FILTER」Ver.7 リクエストフィルターでクライアントIPアドレスを...
 

感動しました
解決しました
参考になりました
もっと詳しく
わかりにくい
問い合わせます